第一巻 ベビーステップ(badysteps)丸尾栄一郎15歳

未分類

このサイトはテニス漫画のベイビーステップを詳しく紹介するサイトです。

#1 ベイビーステップ

高校進学して二週間が経過したころから話は始まる。主人公の丸尾栄一郎は学年でもトップクラスの才能の持ち主である。小学校から中学校までの成績はオールAである。スゴイ秀才ですね。ここで言えることは、オールAなので勉強の他の体育もAと言うことになるので運動神経も良いと言うことですね!!あだ名は「エーちゃん」である。エーちゃん・・・矢沢永吉じゃありません(笑)

この高校は偏差値がどの位なのか?私立高校なのか?それとも公立高校なのか?定かではない。その学年でトップの優等生である丸尾栄一郎は、最大の特徴は授業のノートをキレイに清書することである。それも清書したノートを別のノートも作っているのである。こんな人いるか?几帳面な性格が伺える。

そして、学年のマドンナ「鷹崎奈津」との出会い。奈津がノートを借りに友達の所に来た時、初めての出会いである。奈津の友達がノートなら「エーちゃん」のノートを借りたらと言うことで、エーちゃんとナツの初めての接点が生まれた。

初めての奈津のエーちゃんの印象は、「キモイ」である。そのノートがキレイ過ぎたからキモイと思ったのでしょう。エーちゃんはと言うと、マドンナ的存在の奈津に照れている様子である。

このふたりがこれから・・・?

お前の将来は「レールの上の人生」だな~・・・と

母から一枚のチラシが渡される。近所のテニスクラブの無料体験会のチラシだった。

そこで運命の出会いが・・・学年のマドンナ「鷹崎奈津」との再会である。

 

#2 完璧!

学校でテニスクラブのもう一度無料体験を受けても良いとのことをエーちゃん(丸尾栄一郎)に言いに来たナツ(鷹崎奈津)。

テニスクラブでナツが言ったことは、誰にも言わないでね。

約束だよ。気になる約束とは○○○?

エーちゃんが学校から帰ろうと窓の外を見ると、ナツと2年の男子が一緒に帰るところを目撃してしまう。この男の子こそ、ナツが通うテニスクラブの一員で、高校2年の江川逞(えがわたくま)である。このタクマは、神奈川で第一シードでもあり、神奈川ナンバーワンの人だった。

あー、そういえば、舞台は神奈川県とのことです。

そして、いきなりタクマの練習相手となり、ナツからフォアハンドストロークを教えてもらった。その時、一球だけエーちゃんの中で凄くいい感じに打てた。

#3 強くなるよ

そして、ひとりで黙々と壁打ちを6時間継続してやっていた。テニスクラブの練習終わったナツが通りかかった。その時、ナツが教えてくれたことをノートに書いたものを熱心に見ながら壁打ちを継続しているエーちゃんにナツが思った。

 #4 いきなり弾丸!?

#5 わかった

 

コメント